採用情報

未来に向かって、共に社会貢献していただける方へ

「46,000人」これは、親と暮らすことのできない日本全国の子どもの数です。
そんな子どもたちの“家庭”をつくるための制度が「里親制度」です。
残念ながら、日本では「里親制度」そのものが充分に認知されているとは言えませんが、
子どもを巡る昨今の状況も相まって、徐々にその認知度が高まっていることもまた事実です。
私たちキーアセットは、里親制度を広め、里親になってくださった方をフォローし、
子どもが安心して生活できる場を一つでも多く作ることを使命としています。
里親制度の認知度を高める広報活動を行う「リクルーター」。
児童相談所と里親との間に入って養育支援サービスをご案内し、継続して必要なサービスを行う「ソーシャルワーカー」。キーアセットの運営理念に共感いただける方には、この2つの職種で社会貢献していただきたく思います。





キーアセットの仕事

リクルーター

里親制度の認知度を高め普及させるための広報活動を行う仕事です。市役所や図書館、郵便局、ショッピングモール等様々な場所で開催する説明会の会場の確保、広報、集客を行い、里親制度に興味を持っていただける方を増やし制度への理解を深める活動を行います。物を販売する仕事ではありませんが、仕事内容は営業職に近いです。

ソーシャルワーカー

里親制度の利用をサポートする仕事です。児童相談所と里親を希望する方の間に入り、里親になっていただく方へ養育支援サービスの案内や利用のサポートをしていただきます。子どもが里親の元で生活を始めた後も、家庭訪問などを通じて状況を確認し、必要なサポートを提案していただきます。また、行政等への報告書作成なども行っていただきます。





 サポート体制


01
入職時研修

採用内定後、入職する前には、原則として入職時研修を受けていただきます。入職時研修では、キーアセットの運営理念や活動目的などを座学の形式でしっかり学んでいただきます。

02
子どもの看護休暇
と介護休暇

入職直後から、小学校卒業前のお子様がいらっしゃる方は子供の急な発熱等の時には「看護休暇」を、常時介護が必要な身内の方がいらっしゃる方には「介護休暇」を、それぞれ年5日まで取得していただけます。これらの休暇は無給ではなく、通常通り勤務したものとして給与が支給されます。

03
フレキシブルに
組める勤務シフト

始業時刻9時~終業時刻18:00を原則とする1日8時間勤務ですが、里親家庭訪問などの業務の状況あるいはプライベートの状況に合わせて、始業時刻・終業時刻は11パターンの中で変更することができます(事前申請が必要です)。また、通院や看護・介護などの理由があれば、勤務の中抜けを認めています。

04
自己研鑽補助制度

キーアセットには、職務上必要と認められる職員の資格取得または技術・技能取得のための受験、学習、研修等に要する費用の半額を補助する自己研鑽補助制度があります。自己研鑽への取り組みを支援することで職員の資質向上に役立て、法人の提供するサービスの質の向上を追求します。

05
外部研修受講制度

法人の職員一人一人のパフォーマンスを高め、社会貢献により一層資するため、外部の研修機関の公開講座を利用できる制度を設けています。コミュニケーション実践研修・マネジメント・コーチング研修・リーダーシップ研修・評価者研修・ロジカルシンキング研修など多種多様な公開講座を受講することができます。職員の資質と能力の向上をバックアップする制度です。





働く上で大事にしている指針

『子どもと若者、家族そして地域社会にポジティブで永続的な変化をもたらす』これがキーアセットの運営理念です。地域社会で養育家庭を求める子ども・若者の可能性を広げるためのあらゆる選択肢を検討し、実行する文化を大切にします。



キーアセットの文化(三原則)

時代が絶えず変化し続けるのと同様に、子どもを取り巻く環境も常に変化しています。
従前の方法に固執せず、他者の意見や存在を尊重し他者から学び続ける姿勢と行動を評価します。

柔軟であること
  • 自分の経験や考え方、あるいは価値観にとらわれず、子どもと若者の利益に繋がるためにあらゆる手段と可能性を探ること
  • マニュアルや定められた手法が時には十分ではないことを理解して、自分の任務の目的・本質を見極めて対応すること
  • 同僚、里親、子どもと若者の多様性を尊重し、それぞれの強みを発揮できるよう可能な限り自ら歩み寄ること


寛容であること
  • 失敗は誰にでもあることを常に忘れずに、同僚、里親、子どもと若者と関わること
  • 人として“合う合わない”ではなく、個性を受け入れ血の通ったコミュニケーションをとること
  • 感情ではなく、意志をもって自分を律すること
  • 同僚と里親の自分にはな個性と強みを正当に評価して、尊敬の念をもって接すること


前向きであること
  • 同僚、里親、子どもと若者の強みに敏感に気付きそれを正当に評価すること
  • 同僚、里親、子どもと若者が達成したことを、チーム皆で自分のこととして喜び祝うこと
  • 課題から成長のチャンスを見出すこと
  • 失敗からは、非難ではなく、課題解決のための熱意を生み出すこと

スタッフ行動規範

法人の運営理念やミッションを実現するためにあるべき行動を、現在のキーアセットでは次のように定義しています。が、これらは不変のものではなく、時代の変化や職員の意見に応じて形を変えることを厭いません。

1
職業人(プロフェショナル)としての社会的責任を自覚し、
職業倫理とコンプライアンスを遵守します。
2
法人の内外を問わず、関係者・関係部門との連携を重視し、円滑に業務を遂行します。
3
目標に向かって改善を加え粘り強く取り組みます。
4
未然のリスクを想定しその防止に自ら努めます。
5
他者の気持ちを理解し、自分にでき得るケアを行うよう努めます。
6
経験や年齢に関わらず、健全な社会に貢献しその社会を形成する一個人として
あるべき研鑽・自己啓発などを自ら行います。




採用までの流れ

大事な人生の時間を共に働くことを通じてシェアするのですから、法人の理念や指針に共感していただける方に是非ともお越しいただきたいと思います。たくさんの働き方や働き口がある中で幣法人を選ぶ方には、理念を共有していただきたいと考えます。

エントリー ※1
書類選考
面接 ※2
内定
※1 当ホームページよりWebエントリー。(募集の有り無しをお問い合わせください)
※2 面接時にキーアセット・仕事に関する質問事項をご用意していただきます。




応募要項

募集職種
  1. ソーシャルワーカー(フルタイム)
  2. リクルーター(フルタイム)
  3. ソーシャルワーカー(パートタイム)
雇用形態
1~3とも有期雇用契約(原則として4月~翌年3月の契約/更新条件あり)
応募資格
  • 1,3は「社会福祉士」「臨床心理士」「公認心理師」の資格か、児童福祉施設従事経験者
  • 2は営業経験者優遇
勤務地

大阪オフィス
〒577-0809 大阪府東大阪市永和2-2-29 永和ビル1号館3階

東京オフィス
〒190-0022 東京都立川市錦町1-5-17 ニューグリーンコーポ306

川崎オフィス
〒213-0001 神奈川県川崎市高津区溝口1-1-26 3階

埼玉オフィス
〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町1丁目1-2

千葉オフィス
〒264-0026 千葉県千葉市若葉区西都賀3-20-11

福岡オフィス
〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-2-51 第一吉田ビル401

勤務時間

1・2は原則として9:00~18:00(休憩1時間)
※業務都合や自己都合により30分単位で時間帯の変更を認めることがあります。

3は1日4~6時間・週10~15時間程度で応相談
※扶養の範囲内で勤務したい等の相談に応じさせていただきます
休日・休暇

1・2は年間休日112日+特別休暇2~4日
※週1日以上・月8日以上の休日付与

3は週2日以上の休日付与

年次有給休暇・産前産後休業・育児休業・介護休業・子の看護休暇・介護休暇は法定通り付与
(産前産後休業・育児休業取得実績あり)
ただし、子の看護休暇は小学校卒業までの子を持つ親に拡充。子の看護休暇・介護休暇は給与を満額支給(年5日まで)

給与
  1. 月給333,333円(月30時間分の固定残業代61,000円を含む)
  2. 月給291,700円(月30時間分の固定残業代53,300円を含む)
  3. 時給1,400円~1,600円(経験等による)
福利厚生
1・2は社会保険完備(3の職員でも所定労働時間が週20時間以上の場合は社会保険完備)、社会保険適用者は健康診断実施、通勤交通費支給(月額上限15,000円)、移動交通費は全額支給、社内研修制度あり、インフルエンザ予防接種費用を法人が半額負担(年2回まで)、ハラスメント防止の為の外部相談窓口あり









キーアセットは
Martin James Foundation
のメンバーです。